1.それぞれのAI物語とは

筆者の歴史

AI物語は著者が40年に渡りエンジニアとしてやってきたハードウェア設計、ソフトウェア設計の集大成です。前者はIoTに、後者はAIとして名前を変え40年の結実のけじめをこのAI物語に託すつもりです。
しかしながらそんなことよりも、AIでは「それぞれ」が重要です。AIは知能、つまり自分の分身です。ここでは自分の行いたいAIを、自分だけで考えるだけでなく、「AI物語」のe-Learningサイトでの教育学習も通して、討議し応用にもっていくための自分のAI物語です。どこから手を付けてよいのかわからないのがAIではないでしょうか?みんなで悩みを分かち合って、趣味にしろ、ビジネスにしろ目的を明確にして皆さんそれぞれのAIの応用を実現したいと思います。


このコンテンツは会員限定のコンテンツです。
会員登録または、ログインしてください。

あわせて読みたい