2.機械学習の推論の活用

ここではAIのカウンセリングとして、肌の悩みやアロマテラピーのカウンセリングを行おうと思います。本書はAIの解説書なので、それに則して説明します。

 

 今までの章では機械学習とディープラーニング、すなわち深層学習の違いを明確にしてきたわけですが、ここで扱うカウンセリングは機械学習の範疇になります。

 

カウンセリングの質問は今あなたに起こっている結果が一覧されています。その結果からあるルールを通して、原因を推論するという構造です。この推論方法は「前向き推論」と呼ばれるものです。


このコンテンツは会員限定のコンテンツです。
会員登録または、ログインしてください。

あわせて読みたい