4.前向き推論によるカウンセリング

3択 ⇒ メンタルヘルスのカウンセリング

 3択は「メンタルヘルス」の例です。

 

[説明]

 カウンセリングで質問に答える ⇒ [診断]ボタン ⇒ 推論項目の計算

 3択のラジオボタンを選択 ⇒ [読込] ⇒ データーを読み込みます。

3択のラジオボタンを選択 ⇒ [書込] ⇒ 編集したデーターを書き込みます。

 

[初期化] ⇒ それぞれのデーターを別エリアの保管データーに変更します。

[保管] ⇒ 現在選択されている項目のデーターを別エリアに保管します。

 

4択 ⇒ スキンケア―の例

 4択は「スキンケア―」の例です。以下のピクチャーボックスがあります。

[説明]

 操作方法は「3択」と同じです。4択のラジオボタンを選択後[読込]または[書込]ます。ここの4択の「カウンセリング」は、単なる教育のためのデーター設定でなく、プロフェッショナルなエステティシャンによりセットされました。

 

 この「カウンセリング」は前向き推論と呼ばれる構造です。原因である「カウンセリング」項目の質問に答えることにより、「ルールテーブル」のルールに従って、原因となる「推論項目」を得る構造です。

 

 女性の方は是非この「スキンケア―カウンセリング」を試してみてください。

 

5択 ⇒ アロマセラピー

 5択は「アロマセラピー」の例ですが、今後のバージョンアップで画像の機械学習と連携して、画像を推論する例を行うところです。[詳細]ボタンで動画説明が表示されます。


このコンテンツは会員限定のコンテンツです。
会員登録または、ログインしてください。

あわせて読みたい