7.さいごに

私はあくまで美と健康のエキスパートであって、エンジニアではありません。

 AIを知り、素晴らしいところを発見して、そのAIを専門分野で有効利用して、よりよい結果にもたらせる事が使命だと思っています。

ですので決して自分はAIアレルギー、機械音痴だと思い込まないよう、AIのものを使用するだけではなく、私のように利用者側としてもAIと快適に共存していただければ幸いです。

私たちはプロとして仕事をやっている以上、時代の変化について行くだけでなく、時代を先取りし、そして皆様がそれぞれの業界でのビジネスリーダーになることを期待します。

私は美と健康というビジネス領域でAI(深層学習) を使うことで大きく成長し後世にその業績を残したいと思います。

 

より多くの方々のために・・・


このコンテンツは会員限定のコンテンツです。
会員登録または、ログインしてください。

あわせて読みたい