第14章 顔の認証 株式会社グレディス 舟橋 李子

はじめに

 

今から10数年前、日本の大手ITメーカーでもあり、ITベンダーでもある会社のイベントに参加したとき、あるブースで来場者をビデオカメラでモニターに映し出していました。その人たちの頭の上に「20」「40」「50」などの数字がピョンピョンと表示されており、その人が動くと頭の上の数字も動いています。何の数字かと思ったら、その人の年齢、正確には年代でした。しかもその数字はかなり正確にその人の年代を示しているのです。

 その時の印象はいまだに残っていますが、その後このような場面に会うこともなく10年が経ち、一昨年たまたま読んでいたインターネットの記事に海外の画像認識のサイトの紹介があり、試しに自分で写した花の写真を認識させたところ、「貴婦人のスリッパ」と言われるランの写真を提示してきたのです。確かに似ているところもあり、全く別のものではなく花を選択してきたことに驚きました。しかも時間もそれほどかからずに。

 

 この程度の画像認識の知識しかない私がAI物語の画像診断ツールを使って、AIに画像を学習させることになり、あらためて自分の周囲を見回すとあらゆる分野で画像認識・画像診断の技術が使われ、私たちの生活をより豊かにしてくれていることに気づきました。もちろん、そうでない部分もありますが。

 

 

これから実際にAI物語の画像診断で表情を学習させていったプロセスを簡単にご紹介します。


このコンテンツは会員限定のコンテンツです。
会員登録または、ログインしてください。

あわせて読みたい