1.未来の人たちに残せるもの

 過去を振り返ってもよいでしょう。でも、未来の人たちに残せるもの、引き継がせるものを考えなければなりません。 

私たちの場合は、バブルのつけが残りました。その結果、甘えが出ていろいろなことが遅れてしまったのです。

自分が残すもの、自分だけの価値観ではなく、後世に自分が本当に残したいもの、残せるものを探すのが人生です。

毎年残すのではなく、2017年にやり残したものを引きずらないようにして未来に向かって何ができるかを考えるのです。
毎年年末には今年は本当に良い年だった、このような一年をまた送るようにしたいと思えるような年であってほしいものです。

寿命が100歳になると人生は30年のサイクルを3回送ることができるのです。

最初の30年が人を作る時代です。
次の30年は人生の前半です。ここまでくるとよいこと/悪いことがわかるだけでなく、人生は楽しいもの、どうすればより充実した人生を送ることができるか、成功と失敗を理解できるはずです。もちろん苦しいこともあるでしょう。けれどもこの間のパラダイムは過去とは全く違うものになっているはずです。

そして第3サイクルの30年。
自分がもう一度生まれ変わった新しい人生です。2度と失敗はしないし、自分のことだけでなく他人のことも見る人生です。これほど自分を見ながら過ごすことはこれまではありませんでした。
そして残りの10年を赤ん坊のように無邪気に楽しみながら可愛く童心に戻って過ごすのです。

ではこの3つのサイクルを有意義に過ごすにはどのようにしたらよいでしょうか。

有意義に過ごす自分の目的となる価値観を見つけなければなりません。
そのために30代、60代でやっておくべきものはないか、未来に何を残せるかを考え、これまでの成功や失敗を引きずらないようにします。そして山岳レースに挑戦することを残さなければまたもや同じ経験をしてしまいます。

レースのスタートラインに立って後悔しないためにやっておくべきことをきちんと整理しておくのです。
2010年頃からは、厚生年金が心配、退職金が減ってしまう、老後の蓄えは大丈夫か、会社の年金は、保険はなど自分の心配ばかりしていました。なんと後ろ向きの心配ばかりなのでしょうか。
時代は変わり、会社のビジネスモデルも変わり、今や銀行、証券、保険など大手の一生働ける会社もなくなりつつあります。
デジタル、AI時代になり、仮想通貨、EC ネットショッピングのフリーサービスの時代になってきたのです。
これからは自分で何かスペシャリストとして自立することを考えなければ会社に頼っていくことはできません。短いサイクルでもいいのです。
そのためには遅くとも5年前には準備をはじめなければならないのです。あまり早くからだとマンネリ化するので5年前から準備をはじめ、2年前には助走に入れるようなビジネスモデルが考えられる自分の特異点を探すのです。エキスパートになれるかなれないかは、その時の自分の思考力、マインドとのかけ合わせによる変容をトレーニングしておかなければなりません。それがあなたの人生、未来の分かれ道です。それは3回あります。
50歳で一人前になってその後20年は走り続けまた5年前から次の準備をするのです。もしかしたらそんなに長くない短期間で次へのパラダイムの変革が起こるかもしれません。
世の中はアジリティー、短いサイクル、多様な展開の時代です。
この変容を後悔しないために、各転換期で自分が切り捨てておくべきことややっても無駄なことの判断をして断捨離をしなければなりません。捨てるものを見つけることも必要です。

その頃には大手に入って一生その会社の正規社員という考えはなくなるでしょう。
全ての人が正社員という観念を捨て、好きなときに好きな所で好きなように働けるようになるし、会社自体も必要なときに必要なスキルを持った人を必要な期間だけ雇うようになるでしょう。丁度タクシーがUberになり、ついには無人運転になるのと同じです。

次に必要なことは、新しい時代に向かって挑戦するための心構えです。

今から明確な目的意識を育てること。その場限りの思いつきでは絶対に駄目です。
これらのことを考えている自分よりポジティブな人たちの仲間に入ることです。未来を見据えて物事を考えているチームの仲間入りをするのです。自分一人では限界があります。シナプスの変換とハイブリッド化が始まるからです。
それはアジリティーで変化が早く自分一人ではついていけないのです。
常に前向きで、小さな事ではびくともしない、不満のない明るい思考を持っていることが大切です。そして我慢をしなければならない時もあるでしょうから、良い人間関係を持ち、柔軟に物事を受け入れることができる器の大きな人間になることです。

転職という言葉はもうなくなります。会社を変わるのではなく仕事を変えるのです。お金が目当てでは全くダメです。それよりも未来に向けての勉強に投資するのです。お金目当てでは絶対に成功しません。それは目的ではなく物乞いと同じです。
時間内にきちんと仕事をするだけではなく、もっと考えることをしましょう。時間を効率よく使い、余った時間を有効に使うのです。
時代の流れ、自分の置かれている位置を常に把握し、もしそれが衰退している文化、ビジネスならば思い切って捨てるのです。
一番の課題は常に自分が人に使われるのか、それとも一人でやるのか、自分が人を使うのかにかかってきます。
人に使われる側から使う側へ変わらないと今までの転職と全く変わらないのです。新しい自分のビジネスモデルを作るのです。人に使われるのと人を使うのでは180度の違いです。若いうちから独立するためにどんなビジネスモデルが必要か、未来に向かってどのように経営するのかを常に勉強するのです。
アメリカの大学では寮長が学生に、一生に一度はIPO(新規上場)を考えなさいと言います。同じことを日本人はあまり考えたことがないのです。
また、現在の金融環境は昔と違っていろいろな方法で資金を集めることができるようになりました。それが分散処理環境における仮想通貨です。あと10年もしたら今とは全く違う世の中になっているでしょう。飛行機は音速を超え、電車はすべて無人運転でリニアモーターになり、倫理観も変わり、人生120年は当たり前になっているのです。心を大きくして人を動かす術を勉強してください。それが自己実現です。
他の人も皆同じことを考えているはずです。そう話していますから。
そのためには相手が嫌なことはやらないこと、命令しないこと、自分のことばかり話さないこと、人の話を遮らないで我慢することです。さらに絶対にヒステリーになったり、偉そうな口をきいたり、上から目線で人を見下したりしないことです。
人が嫌がることを自ら行い、人に与えることを行えば結果はすべて自分に返ってくるのです。
これがあなたの50歳以降の復活宣言です。

自分の大切な価値とは何かをもう一度考えましょう。
勇気をもって自分の心の木を育てるのです。
そして新しい旅にでましょう。自分も友達も知らない全く新しい希望に向かって歩き始めるのです。そこには誰も知らない新しい世界、宇宙が待っています。
今迄の失敗や困難はこれからの折れない心の強い芯になるのです。
今までとは違う新しい思考力を身につけてください。

 

思考のリスク

リスクは大別すると自然災害によるものと、ヒトが起こすものに分けられます。
しかし地震や落雷、巨大台風あるいは竜巻といった自然災害への対応、これらもヒトが考え判断し何らかの決断(対応)をしています。つまりリスクの大多数はヒトが何らかの形で関与することで起きているのです。そのヒトの集合体である企業や組織は、ある意味リスクの塊とも言えます。
今回は多くのリスクの中からヒトが及ぼす思考のリスク、つまり意思決定にフォーカスしたリスクを考えてみようと思います。1990年、新入社員に対して「25歳定年!貴方は生き残れるビジネスマンか?」と題し、社内外で講演した覚えがありますが、まさしく2016年の現在、ヒトの集合体である組織・企業は問題が山積し、リスクだらけの状態です。どうしてかくもこれほどリスクばかりなのか?との問いに、一言で答えられる正解はありませんが、「問題処理・絶対解・先送り」といったキーワードが頭かすめました。

 

画一社会が生み出したリスク

「1を聞いて10を知る」ヒトと、「10聞いても1しか分からない」ヒトとの能力格差は100倍あります。まして現在はIT時代です。知識を知恵に変換できるか否かといったパラメータを加えれば、更にその差は大きくなることでしょう。教育制度の問題だと言えばそれまでですが、試験の採点をしやすくするためにマークシート式の回答は例外を認めず、10人10答ならぬ万人1答の時代を作ってきました。その結果、本来の問題を正しく把握することなく、問題を早く処理することに注力し、早く処理するヒトをベンチマークしてきました。
学校では1つの問題に1つの「絶対解」が求められ、これらの訓練が日々行われてきました。しかし卒業し就職する社会、つまりビジネスの世界に単純な問題などないのです。

業種業界の問題も単一業種に閉じることなく、関連する様々な業界や組織が関与する複雑な問題ばかりです。
この複雑系課題の集合体が組織であり企業であるため、一見かっこよく見えるステレオタイプ的な因果律による対応はほとんど役に立ちません。万有引力の発見者ニュートンの名をとってニュートン力学的対応とも言われるこれらの問題対応は、「絶対解」を求めるべく存在しているのです。このため、複雑化した組織や社会への対応にそぐわないばかりか、逆に単一課題として処理することで新たなリスクを生むことに繋がっているのです。

21世紀のいま、数学の世界ならばいざ知らず、絶対解で固まった頭でビジネス社会の複雑な問題に対応することはもはや不可能です。ビジネスに求められる思考は、取引条件や納期調整などといった予算枠の中でのベストな解決策、つまり「最適解」で考えるしかないのです。様々な制約条件の中で、如何に現時点で相手の期待に最適にそえるかを考える「暫定解」を導くことができるかにかかっています。多様な制約の中で、如何に市場や組織の期待にそえる最適解(暫定解)を導けるか、今のビジネス社会を生き抜く知恵として、状況の最適性を認識し駆使できるビジネス能力が、新たな問題解決力として求められています。
しかしこの問題解決力による最適解にしても、リスクがあることを忘れてはなりません。その時々の暫定的な最適故に、年月が経ち状況が変われば再考する必要があるのです。しかし暫定解であることを忘れてしまうためか、それとも「絶対解」という認識だったのか、状況に合わせた対応に至る組織は依然少ないのが現状です。その決定当時は最も求められたコンテンツでありコンセプトであっても、顧客の嗜好が変われば、いうまでもなく考え直さなければならないのです。


このコンテンツは会員限定のコンテンツです。
会員登録または、ログインしてください。

あわせて読みたい