1.はじめに

この章では、機械学習システムを構築するためのアプローチについて述べる。まず、機械学習システムを企画してから実用、運用に至るまでの機械学習システム構築のための全体の流れについて、説明する。また実際のデータを入手してからの特徴量の検討、機械学習のための前処理などの手順について概観する。さらに時系列データの非線形回帰問題に対し、非線形システム同定の一種であるオートエンコーダを用いた異常判定問題を例にとってデータ処理手順について説明する。


このコンテンツは会員限定のコンテンツです。
会員登録または、ログインしてください。

あわせて読みたい